平成21年4月号(通算46号)
『ありがとう』
 会員の皆様、役員の皆様のご協力で、錬成会も丸四年経ちました。この四年間会を支えて下さって本当にありがとうございました。いよいよ節目の五年目を迎えます。これからは新会長を一本の柱として皆さんでもり立て、錬成会がこの地になくてはならない剣道の修行の場として、大人も子供も共に成長する場であって欲しいと思います。
これまで同様基本を大切に稽古に励んで下さい。

平成21年3月号(通算45号)
『土台』
本当に良い野菜やきれいな花を作ろうとする人は、まず土作りから始めますね。窒素・リン酸・カリといった栄養素や充分な水があって、初めて実がなったりきれいな花が咲くのです。剣道にも同じことがいえます。痩せた土地に種を播いても成長しない様に、充分な基本を作ってからでないと次の段階がうまくできません。家を建てる時も土台・骨組が大切なのは同じですね。基本をおろそかにしないようにお互いにがんばりましょう。

平成21年2月号(通算44号)
『込む』
素振りと足捌きは基本中の基本ですが、とても大切な稽古です。『素振り三段』ともいわれます。「込む」という言葉があります。打込む、振り込む、走り込む等みっちりまたは十分にそれを行うことです。稽古に打込んで下さい。プロ野球の選手もこの時期必ず素振りや走り込みをするといいます。簡単にできる素振りと足捌きは、いつでもやれると思ってなかなかしないものです。意識から変えていきましょう。きっと審査員の先生の目にとまると思いますよ。

平成21年1月号(通算43号)
『審判』
 小中学生の皆さん、今年は相手の人より先にあいさつをしましょう。自分から進んで稽古に行くという気持ちにつながります。大人の皆さんは自分自身の今年の大きな目標の他に、毎回稽古場に行く時個別の課題を持って臨んで下さい。またその中でも先生ごとに「ここを気を付けよう」といった具体的な目標を考えましょう。去年までの自分が苦手としていたところを是非克服して下さい。年間の予定表をみて、自分の受審や試合の計画も立てておくと励みになりますね。実り多い一年になる事を願っています。

朝霞剣道錬成会は朝霞市剣道連盟所属団体です